News
ニュース & トピックス

RSS
トピックス 2013.06.28

3PCC機能を搭載したアプリケーションサーバー『NX-C2100』が大手通信事業者様に採用されました

 大手通信事業者様が提供する0AB-J番号を使ったIP電話サービスの通話品質監視システムとして、3PCC(3rd Party Call Control)機能を搭載したアプリケーションサーバー『NX-C2100』が採用されました。

 3PCCとは、2者間以上の端末と端末を第3の装置(3rd Party)から操作し接続する技術であり、『NX-C2100』をお使いいただくことにより、インターネットで一般的に利用されているHTTPプロトコルを介して簡単に電話をかけることができます。弊社は平成17年7月に本技術の特許を取得し、製品・ソリューションの付加価値を高めるツールとして既に複数の大手通信事業者様にご導入いただいております。

 このたび、この3PCC機能に加え、スケーラビリティでキャリアグレードの呼処理性能を持つ製品であること、さらにカスタマイズが可能であることが評価され、厳しい条件が課せられる0AB-J番号サービスの提供に関し、その通話品質担保のための監視システムとして『NX-C2100』が選定されました。

NX-C2100 導入イメージ

 NX-C2100(SIPサーバー)は、サービスエリア全域の端末に対して、任意または指定の対向端末に試験着信を行い、対応端末のセッションを確立もしくは切断させます。SIPサーバーと端末との通信シーケンスは、一般の呼制御とは異なり、3PCCでの制御にてClick to Callに近い呼処理方式となります。

『NX-C2100』製品ページ

本件に関するお問い合わせ

株式会社ネクストジェン マーケティング推進室
TEL:03-3234-6855
メールでのお問い合せはこちらからお願いいたします。

関連情報一覧