SBC(Session Border Controller)とは

SBC( Session Border Controller )は、IP ネットワーク上での音声通信において、セキュリティを確保しながら異なるネットワーク間の相互接続を行うゲートウェイ装置です。

IP ネットワーク上の音声通信では、音声データをパケット化して送受信する『 VoIP( Voice over Internet Protcol)』という技術が用いられています。 VoIP には、「通話をつなぐ(呼制御)」プロトコルと「音声データ伝送」のためのプロトコルがあり、リアルタイム性に特化した以下のプロトコルが活用されています。

役割 プロトコル名 概要
呼制御 SIP(Session Initiation Protocol) 通信経路(セッション)の確立、通話の接続・応答・切断を実行
音声データ伝送 RTP(Real-time Transport Protocol) 連続的なデータの送受信を実行

いずれもインターネット技術の標準化団体である「 IETF( Internet Engineering Task Force )」により標準化されていますが、SIP のプロトコルは拡張性が高いため、通信事業者やベンダーの捉え方により、SIP信号に差分が生じるという現象が起きています。 このような差分は「 SIP の方言」と呼ばれ、方言の異なるネットワークや製品間では、「ちょっと何言ってるかわからない。。。」となってしまい、相互接続は困難になります。

この差分を吸収し、IP ネットワーク上で異なるネットワークや多種多様な端末、サービスとの音声通信を中継するのが SBC で、方言を翻訳してお互いの通信を可能にする、必要不可欠な存在です。

ご存知の方も多いかと思いますが、2024年1月から2025年1月までに、NTT の固定電話網( PSTN )が廃止となり、IP 網へと移行することが予定されています。PSTN マイグレーションと言われるもので、ここでも、企業の IP-PBX と通信事業者の IP ネットワークとを相互接続するゲートウェイとして SBC が活用されます。
また、企業の PBX と、スマートフォン(スマートフォン内線化)、Web 会議システム、SNS、CPaaS(Communications Platform as a Service) などの外部のコミュニケーションサービスとの連携にも SBC が使われています。

ネクストジェンの SBC
ネクストジェンは、日本初の商用IP電話サービスのインフラを支えるソリューションとして、海外製の SBC を日本仕様にするところから事業をスタートしました。
その後、前述の PSTN マイグレーションを見据えて、自社で SBC『 NX-B5000 』を開発し、これまでに通信事業者間の回線接続を多数手掛けています。 昨今は、スマートフォンの内線化をはじめ、Web 会議サービスや SNS など新しいコミュニケーションサービスの登場により、VoIP を利用した音声通信の接続先は多岐にわたります。
『 NX-B5000 』は、主要な IP 電話サービスや PBX、FMC サービス、各種コミュニケーションサービスとの接続認定を取得、相互接続の実績をさらに積み重ねています。

ネクストジェンの SBC については以下をご参照ください。
通信事業者様向け SBC:NX-B5000 ソリューションページ
企業様向け SBC:NX-B5000 for Enterprise ソリューションページ (NextGenビジネスソリューションズのページに移動します)