【技術解説】CPaaS(Communications Platform as a Service)

CPaaSとは

「通信機能をAPIで接続するクラウドサービス」を指し、音声通話やSMS、音声・映像による会議システム、通話録音・音声認識やIVRなど通信に関わるサービスやバックオフィスで利用されているシステムの間を、APIを利用して接続することができる技術を用いたサービスです。
API(Application Programming Interface)とは、アプリケーションの機能を共有できる インターフェースの仕組みです。APIを利用することにより、通信固有の技術を意識することなく、様々なアプリケーションへ簡易に通信機能を付加することができます。コミュニケーションチャネルごとに異なっていたアプリケーションを連携させることも可能で、顧客サービスのオムニチャネル化といった昨今の市場ニーズに、より容易に短期間で対応できるようになります。
  当社の「U³ クラウドサービス」も、今後CPaaSにより他のアプリケーションとの連携を目指していきます。

なぜCPaaSが必要とされるのか

業務のシステム化や、企業間または企業と顧客とのコミュニケーション手段が多様化したことにより、通信機能の追加や、コミュニケーションアプリの連携は必須になりつつあります。しかし、実現するには高度な通信技術の知識が必要となり、一般の業務システム開発事業者などにとっては、その点が大きなネックとなっていました。 CpaaSは、このような課題を解消し、開発事業者がそれぞれのシステム開発に専念できるサービスとして既にアメリカでは広く認知・活用されており、日本でも今後需要が拡大していくものとみられています。

CPaaSで実現できるサービスの例

システム障害通知

監視システムにSMS送信機能を付加し、異常を検知した際に担当者へ通知。

コールセンター構築

IVRと電話転送機能を利用し、簡易コールセンターを構築。

利用者呼び出し

既存アプリケーションに発信機能を付加し、順番待ちのお客様を呼び出す。