会社沿革

2001年 東京都渋谷区神宮前に株式会社ネクストジェンを設立(11月)
2002年 ・日本初の商用IP電話中継インフラを支えるSonus C4、SBC導入等に関するコンサルティングをフュージョン・コミュニケーションズから
 受託
 同様に自社開発製品であるSS7番号変換サーバー「SS7RS ※1」を導入
・東京都中央区築地に本社移転
2003年 東京都港区愛宕に本社移転
2004年 ・IPセントレックスサーバー(現在のクラウドPBX)を大手通信事業者に納入
・エンタープライズ向けIP-PBX「NX-E1000」とSBC「NX-E1010」の販売を開始
2005年 北米の大手通信事業者へSBCを納入
2006年 東京都千代田区麹町に本社移転
2007年 ・大阪証券取引所ヘラクレスに上場
・大手EC事業者にSIPベースのインスタントメッセージおよびチャットシステムを導入
・SIP/VoIPセキュリティ事業を展開、大手通信事業者からコンサルティングサービスを受注
2008年 ・大阪市中央区平野町に西日本営業所を開設
・SIP信号処理と音声処理を分離したアーキテクチャを米Acme Packet社(現Oracle社)と共同開発し「NX-B5000」(SBC)に実装
2009年 ・法人向け携帯通話録音ソリューションの販売を開始
・SIP/VoIP対応セキュリティ検知システムの販売を開始
2010年 ・固定電話および携帯電話の収容が可能な仮想化IMS※2サーバー「NXI」の販売を開始
・クラウド型双方向マルチメディアサービス「U3 Live (ユーキューブ ライブ)」の提供を開始
・M2M接続サーバー「NX-M1000」を国内機械メーカーに導入
2011年 ・エンタープライズ向けIP-PBX「NX-E1000」を地方自治体に導入開始
・北米の通信事業者向けにSIP/VoIPセキュリティ診断サービスを実施
・大手通信事業者に試験呼システムを導入
2012年 ・VoIPクラウドサービス 「U³ Voice (ユーキューブ ボイス) クラウドPBX」の提供を開始
・通信ネットワークシステム及びアプリケーションの保守に関する情報の保護を対象としてISMS/ISO27001の認証を取得
2013年 ・NTTドコモサービス対応 企業向け録音管理システム『VoIS(ヴォイス)』販売開始
・東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合により、東京証券取引所JASDAQに上場
2014年 ・ティアック社よりボイスロギング(通話録音)事業を譲受
・大手通信事業者のコールセンターに音声認識ボイスメールシステムを導入
・東京都港区白金に本社移転
・大手通信事業者に音声品質自動測定システムを導入
2015年 大手通信事業者にIP-STPを導入
2016年 ・大阪市中央区今橋に西日本営業所移転
・ソフトウェアベースの統合型通話録音ソリューション「VoISplus」「LA-6000」を発売
・クラウド型の通話録音管理(ボイスストレージ)サービス「U³ REC」を発売
2017年 ・株式会社協和エクシオと資本・業務提携を開始
・愛知県名古屋市中区に中部営業所を開設
・西日本営業所を関西営業所に名称変更

※1:SS7RS(SS7 Redirect Server)
利用者への各種サービスを制御する機器。フリーフォンの番号を市外局番から始まる通常の電話番号に変換し、着信側課金とするように交換機を制御する。


※2:仮想化IMS(vIMS:Virtual IP Multimedia Subsystem)
IMSは固定電話網や移動体通信網など、有線と無線で異なるスイッチを介して繋がっている通信サービスを、IP電話で使われているプロトコル(SIP:Session Initiation Protocol)で統合し、映像やアプリケーション操作などを含む広範囲なマルチメディアサービスを実現することが可能となる通信方式。仮想化IMSは、仮想化サーバー上でこの方式を制御することができる。