NX-B5000 for Enterprise

マルチキャリア対応のVoIPゲートウェイです。
異装置間で発生するメッセージフォーマットの差分を吸収し、VoIP通信事業者ネットワークとIP-PBXとの相互接続を実現します。
心臓部のSIPスタックは自社製のため、通常では対応が困難な機能拡張にも柔軟な対応が可能です。当初はVoIP用のゲートウェイとしてご導入いただき、後から通話録音機能をご利用いただくことも可能です。

NX-B5000 for Enterpriseは、従来のNX-E1010の後継製品となります。

NX-B5000 for Enterprise

特徴

豊富な接続実績
大手通信事業者における端末認定取得と各IP-PBX、IP電話機での豊富な商用実績があります。
高い可用性
高い信頼性が求められる通信事業者において蓄積したNX-B5000の技術をエンタープライズ向けに  応用した信頼性の高いソリューションです。
柔軟な拡張性
数チャネルから1000チャネルまでを1台のサーバーにて収容できます。
1000チャネル以上の場合は、構成変更することにより更なる拡張も可能です。
通話録音機能
通話録音機能を有しているため、外線通話を録音する場合に新たな録音装置が不要です。

主な機能

機能 説明
SIP差分吸収機能 複数の通信事業者のSIPサーバーや多様なIP-PBXとのSIPの差異を吸収し接続します。
ルーチング機能 接続先番号毎にルーチング先を設定します。
1台で複数のIP-PBXへの着信呼を処理する場合に利用します。
Register機能 IP-PBXに代わり通信事業者のSIPサーバーへRegisterを送信します。
NAT機能 企業網内プライベートアドレスが割り当てられたIP-PBXと、通信事業者回線の指定アドレスとを連携させます。
RTP終端機能 通信事業者から送信されるRTPを一旦終端し企業網内へ再送信します。
通話録音 通話を録音し呼毎にファイルを生成します。別途VoISplusサーバと組み合わせることで録音ファイルのGUI検索再生が可能です。