VoIP/SIP脆弱性ツール NX-V3S

SIPサーバーや端末の堅牢性を検証するためのファジングツールです。ネクストジェンが診断サービスで検出してきた問題を含む300万以上の異常SIPメッセージパターンを搭載、試験対象に潜在している脆弱性を検出します。

特長

膨大なシナリオパターンにより幅広い脆弱性を網羅
ファジング(Fuzzing)により作成した膨大な試験シナリオパターンを具備しています。試験シナリオには、当社のセキュリティ診断サービスにおいて発見された脆弱性をもとにしたパターンを実装しており、効率的な試験が可能です。
簡便な操作と設定によるコスト削減
シンプルな設定により、ワンクリックでSIPエンティティの堅牢性テストを実現します。脆弱性試験に必要なコストを大幅に削減します。
マルチプラットフォーム
JAVAが動く環境であればOSの種類は不問です。LinuxやWindows Vista、Windows 7、Windows 8.1などで動作します。

主な機能

機能 機能概要
自動試験機能 設定投入後は、ツールが全ての試験を自動で実施します。
試験結果の解析機能 試験結果から、問題が発生しているパターンを簡単な操作で特定可能です。
ロギング機能 送受信メッセージをログ表示によりリアルタイムで確認可能です。
IPv6対応 IPv4だけでなく、IPv6環境にも対応しています。
マルチトランスポート機能 UDP、TCP、TLSに対応しています。
死活監視機能 IPレベルとSIPレベルの両方で死活監視が可能です。 死活監視の結果に応じて、SIPメッセージの送出を一時停止させることが可能です。
メッセージ編集機能 送信するメッセージの雛形は自由に編集可能です。試験対象の仕様に容易に合わせることが可能です。

WEB画面イメージ

設定画面
V3S-screencapture_1
設定画面
V3S-screencapture_2
試験結果表示
V3S-screencapture_3